スズナスLIFE

美容外科ナースのママブログ

勇気を出して施術できませんとお断りすることもお互いの為ではないか?

f:id:suzunasu:20170607150255j:plain

こんにちはアートメイクアーティスト鈴木彩加(@suzunasu1)です。

アートメイクアーティストとして「お客様の毎日のメイクを少しでも楽にできたら」という思いでアートメイクの施術をしています。

キレイな眉を消えないように数年残せるというのはとてもいいことだと思うのですが、最近わたしの中のもやもやが止まらないのでブログに残しておきます。

お客様のいいなりになっていることがある

アートメイクで、一番大事なのがデッサンです。お客様と私の意見のすり合わせ。ここが一番楽しいんです。

普通はいくつか似合いそう、好きそうなデザインを描いて納得するまでデッサンを繰り返すのですが

「どうしてもこの通りに入れて欲しい。」 そうおっしゃる方がいます。

でも確実にそのデザインは変なのです。

私ははっきり 「その眉は変ですよ」「左右違いますよ」 などと伝えるのですが、一向に引かないのです。

私は仕方なくそのままのデザインで入れていました。 そんなことが何回かあり、もやもやが止まりませんでした。

なぜいいなりではいけないのか

こんなにもやもやしているのはなぜか。。 やはり自分が納得していないデザインのままの施術はしたくないからです。

確かにお金はいただいているのでいいなりに入れることも正解なのかもしれませんが、私はそれをしたくありません。

アートメイクは一生残ってしまいます。 レーザーで消えないかもしれません。

何より変なデザインで入れるというのは全くワクワクしないし、お客様を綺麗にできたと思うことができません。

他の人に相談したら 「自分の美学にそぐわないからといって施術しなくても、その方はどこかでそのデザインを他の技術者に施術してもらうと思うよ。」 と言われたこともありますが、やはりそれは私でなくてはいけない施術ではないですし、何より自分が入れたくないと思ったデザインは残したくないです。

なぜいいなりになってしまうのか

私も初めは自分の技術に自信がなくて、お客様の好きなデザインで仕上げていました。 提案できる力が少なかったし、自分に自信がなかったんですよね。

それから、職場的にもあまり美しいデザインじゃなくてもどうしてもとおっしゃられるお客様に関してはその方の意見を重視してもいいんじゃないか?という方針なので、自分の意見と反して入れていました。

このまま言いなりだとどうなるのか

もしこのまま言いなりで入れていくとすると、私は個人の技術を売りにしていきたいのであまり良くないと考えます。

それは私が入れた変なアートメイクを他の人が見て私に頼みたいと思えないと思うからです。 あそこで入れてもらったよって噂になったら、どうでしょう。クリニックの評価まで下がってしまうのではないか。 それよりも、あの人に頼んだら綺麗なデザインで入れてくれる。そう思われた方がいいですよね。

わたしが目指す道は?

私は数年後アートメイクの技術がしっかり身についたらフリーランスナースとしてアートメイク関連の仕事を主にしていきたいと思っています。 今の美容外科の仕事もすきですが、アートメイクが大好きなんです。

そう思った時にやはり自分の美学と合わないデザインは入れるべきではないと思いました。

自分の入れたアートメイクに責任を持ちたいです。 実際施術していると、アートメイクが変な風に入っている人がいます。

本人も気にしていたり、消そうとしたけどうまく消えなかったとおっしゃられる方いたので、 今後はアートメイクをやっている人なら誰でもいい時代から、鈴木彩加さんにアートメイクを頼みたいと言っていただけるようにしていきたい。

誰でもできる仕事は嫌なんです。代わりがいるなんてやっててもつまらない。

これからは自分に正直にいきます

デザインで意見がそぐわない方は申し訳ないですが、施術をお断りしようと思います。 その方がお互いのためです。

私の学んできた美しいデザイン、あなたの顔に合うデザインのものをお互い納得して施術していきたい。 そう思います。