ライバルを見つけたら短期間で自分の技術が上がった

スポンサーリンク

こんにちは。

静岡県浜松市にある ユリシスクリニック でアートメイク/看護師をしている

鈴木彩加(@suzuki_ayaka01)です。

あなたは何かもっと自分の技術を上げたいと思った時どうしていますか?

わたしがアートメイクの自分の技術を上げるためにしたことは目標を持つことと
ひたすら練習することと
お手本になる人の研究でした

技術を短時間であげたいと思ったきっかけはアートメイクの大会に出場すると決めたから

http://suzukiayaka.com/internacionalhumanolympic/

今思えばこの大会があったからこそ自分のレベルが1段階上がったなと思います

他の人の技術レベルもわかりますし大会の緊張感
人前で技術がどれだけ出せるか自分試しができますよ

なぜアートメイクの大会に出場したのか?

わたしはアートメイクをはじめてまだ1年経っていません
普通なら参加することを悩むのかもしれませんが

先生のアートメイクの大会に出場してみない?というお誘いに

あ、行きますと簡単に参加を決意

何事も経験だし
気になったらなんでも1度はやってみたい
失敗したっていいじゃん

今年はどんな大会なのか見学に行くくらいの軽い気持ちで参加を決意したのです 笑

出場してみんなより下手だったら?恥をかいたら?
そんな心配が少しだけ頭に浮かびましたがそれでも出場すると決めたのは
私の中のポジティブ精神が勝ったからだと思います 笑

大会費用も旅費含め結構かかるので
出るからにはそれなりに得るものがないといけないですよね
徐々に焦りと責任を感じました

やるからには練習しなきゃという焦り

大会に出場しようと決めてから大会の日まで2か月ほどでした

出るからには恥はかきたくないから選手として胸を張って出れる程度には自分のレベルを上げたい
そう思って大会の練習を始めました

勤務時間後だと帰りが遅くなるので
出勤時間より早く出勤して毎日朝練することにしました

思うように眉が書けない…そんな日が続きましたが
練習をしていくたびに
眉をグラデーションで入れることができるようになってきました

ライバルがいるから頑張れる

⇧ライバルとの写真 笑

わたしは月に1度アートメイクの講習のために
渋谷の森クリニックや横浜の元町にあるルナクリニックに伺がっています

わたしは静岡に住んでいるので
月に1度しか行けませんが
1か月間貯めた疑問に対して
行くたびに解決策やヒントを得ることができています

そこで出会った
渋谷の森クリニックのアートメイクの施術をしている山崎瞳さんが
とっても魅力的なんです
アートメイクを始めたのは山崎さんの方が数ヶ月先なのに
すごく上手なんですよね

わたしの質問にも丁寧に答えてくれてしかもストイック!
毎回山崎さんの技術をじっと見つめて帰ってきます笑
そして自分の技術をなんとか彼女レベルまで持っていきたくて

クリニックに帰って猛練習です笑

大会までもう少しという頃に
山崎さんに3Dとグラデーションの合わせ技で戦うと聞き
わたしも負けてられないと変更しました
彼女がいなかったら毛並みの練習もしなかったと思います
毛並みの練習をいらない紙にたくさん書きました笑

山崎さんとはこれからもいいライバル関係でいたいです

お互いコーヒーが好きなので
お酒よりもコーヒー飲みながら語り合いました笑

本番で100%の自分を出し切れなかった

慣れない大会での緊張や審査員の前での施術は思ったよりも難しかったです

あんなに準備していったのに手が寒さでかじかんで動かないし
緊張で手が震えるし
まだまだ修行が足りない!!

なんとか途中からは落ち着きを取り戻し左右対象の眉を描くことができましたが
強いて言えば線の濃さをもっと出したかった
でも初めてにしては賞もいただけたし良かったなって思ってます

何より自分の技術が上がったし周りの人の頑張りも肌で感じることができたから貴重な経験でした

この結果に満足してはいけないし満足できるものでもない

大会に出場して金賞をいただいたけどまだまだ努力が足りない
そう思っています

この数ヶ月間真剣にアートメイクと向き合って
わたしはアートメイクをすることの楽しさを知ると同時に難しさも身にしみました
これからもっと勉強して技術の向上ができるように努めていきたいと思っています

アートメイクができる環境やライバル、仲間、周りの人たち、家族
何よりわたしの技術を信頼してアートメイクをいれに
クリニックに来院された方に感謝して技術でお返しできるようにこれからもがんばっていきたいと思います

スポンサーリンク
スポンサーリンク