スズナスLIFE

美容外科で働くアートメイクアーティストのブログ

唇の色素沈着はレーザーで治せるか

こんにちは。

ayaka(@suzuki_ayaka01)です

先日リップのアートメイクをされた50代の方にアンケートのご協力をしていただきました

『以前眉のアートメイクをしたのですが、その時に施術した場所がなくなっていたので、メンテナンス目的でユリシスクリニックで施術を受けました。リップにも興味があり、施術内容を聞いて納得できたので施術を受けることにしました。カウンセリングもわかりやすく、施術してくれた方、とても親切でした』

とのこと。ありがとうございます。

うれしい。うれしいです!!

お褒めの言葉をいただいたのですが、1週間後の再診でリップを見てやっぱり!やっぱり予想が的中してしまっていたのです。

色素沈着のせいで綺麗な色になっていない

 

なんてこった。やっぱりか。。。

 

カウンセリングでもお伝えしてあったのですが、やはり。

色素沈着があると薄い色を選んだ場合綺麗に色が入らないんです

選んだ色に少しオレンジを混ぜて調節しましたが

あんまり綺麗ではない。

施術直後はまだ色が入っていていいのですが、1週間後は薄くなりくすみが目立ってしまっている状況です。

また傷の治りも完全に治っていないのでもう少し色の状況を見るのは時間がかかりそう。

 

次回の施術は前回お伝えしたように色素沈着があるところに黄色を入れて施術しますとお伝えしました。

しかし黄色を入れたところで、改善するのは黄色の色素が生きている時だけ。 であれば根本的になんとかならないのか

なんとかしたい!!!!

これは私の挑戦です!!!!

唇の色素沈着はなぜ起こる?

原因は [aside type=“boader”]

  • 唇に紫外線があたることによる日焼け
  • 口紅やリップの塗る時の摩擦
  • リップを落とす際の摩擦
  • 喫煙

[/aside]

えーちょっと待って。調べていてびっくり。これ喫煙以外はわたしがやってることばっかりなんだけど。

唇のシミで来院される方が多いのも納得です 女性は色素沈着している人が多いですもんね 間違ったリップケアが乾燥と摩擦は色素沈着を作ってしまう!! 気をつけましょう。 こすらない、リップは優しくね♡

さて本題へ

唇の色素沈着はレーザー治療できるのか

今回のことで根本的に治療してからリップのアートメイクを入れたいと思うようになったので体を張って実験します

唇の色素沈着のレーザートーニングをしてみた

唇に肝斑や脇の黒ずみ、色素沈着に使われるメドライトC6レーザーとシミやアザの治療に使われるQスイッチYAGレーザーを唇を半分に分けて右はレーザートーニングをしてみました

メドライトC6の特徴とレーザーの照射

メドライトC6レーザーは照射径内のエネルギーが均一で長い波長を持っていることが特徴です。弱いレーザーを密に何回もあてることによりメラニンを少しずつ分解できます

痛みは少しチクチクする程度でした 唇の半分の面積のみの施術だったので熱がこもりやすく休みながら施術してもらいました

レーザー照射後の痛み、ヒリヒリ感はなく、当てたところも見た目ではわからない感じでした もちろん腫れもないです 効果は直後にはわかりませんが3週間に1回施術していきます

 

QスイッチYAGレーザーの照射

1発1発色素沈着にしっかり反応させ レーザーがメラニンを細かく分解していきます 古い細胞と共に、メラニンはアカとなって体外に排出されます。

1発1発にゴムで弾かれたような痛みがあります 照射直後はヒリヒリ感が10分ほど続きましたが 痛みが落ち着いてからは普段と全く変わりませんでした

照射直後はレーザーが色素沈着に反応し、皮膚の表面が白くなりますが それが落ち着くと色素沈着がかなり濃くなったような色になります。

この色は徐々になくなっていきますが数ヶ月元に戻るまでかかります 通常よりも日焼けに弱くなっているので UVケアをしっかりしていきたいと思います

腫れはありませんでした。 肌は通常では28日に対し、唇はだいたい5日~1週間で皮膚が生まれ変わります。ターンオーバが早いなら早く効果が出そうな感じがしますね

レーザー前の唇は縁がかなり変色しています

自分でも気になっていて、リップは濃いめの色をいつもつけています。色をつけていない時は常にマスクをしているくらいコンプレックスでした。

レーザー後の唇はトーニングした方は何も変化していませんが、出力を上げて一発一発当ててった方(向かって右側)は色が変化し、濃い茶色になています。

かなり濃い色の口紅をしてもコンシーラを併用しないと色が目立ちます。他人から気付かれます。

レーザーのダメージもすごいですが、一緒に色素沈着が消えることを願います

どちらのレーザーにしても何回かの施術が必要になってしまうと思います。 経過を今後更新していく予定ですので、効果が現れるのを期待していてください