スズナスLIFE

美容外科ナースのママブログ

人気の平行眉をアートメイクで入れる際に気をつけていること

こんにちは。アートメイクアーティストayaka(@suzuki_ayaka01)です

みんな大好き平行眉♡太眉、平行眉はここ最近希望者が多いです。確かに私も以前に比べたらふとめにあまり角度をつけずに眉をデザインしています。

でもアートメイクは薄くはなるもののずーっと残ってしまうのが問題。平行眉が流行らなくなったら困りますよね。

今日はちょうど平行眉のお客様がいらしたので、一緒にデザインを考えました。

いつもの平行眉の問題点

今っぽい眉で来院いただきました。

  • 濃すぎず、でもふとめで存在感ある眉。
  • まだまだ、お若いので今後も眉のデザインを変える可能性あり。
  • ぼやっと周りにぼかしてあるようなふんわりした眉

 

綺麗にかけていると思いますが、1点だけ問題点が。

眉尻の角度が違うことですね。

なぜこのような眉になってしまうのか?それはすっぴん状態になるとわかりました

すっぴん眉は左右差がありすぎる難しい眉

さぁー気合い入れてデザインしていきましょう。

でもここで問題点。

  • 眉頭に生えている眉の高さが全然違う。
  • 眉の高さが違う
  • 額の出っ張り方が違う

 

[voice icon=“http://suzukiayaka.com/wp-content/uploads/2017/04/ayaka1.jpg” name=“ayaka” type=“l”]うーん。どっちに合わせる??[/voice]

[voice icon=“http://suzukiayaka.com/wp-content/uploads/2017/04/名称未設定-2.jpg” name=“お客様” type=“l”]アイホールがいつもどこまで足せばいいかわからないくらい広いので狭めたい。[/voice]

[voice icon=“http://suzukiayaka.com/wp-content/uploads/2017/04/ayaka1.jpg” name=“ayaka” type=“l”]では、眉を目に近づけて右の眉に合わせてデザインしましょう。[/voice]

角度がない、眉頭がつまりすぎていない分、優しい印象の彼女のイメージを壊さないようにいくつかデザインさせていただきました。

施術直後の眉です。

全体的に出血量が多くあまり定着しない可能性もありますが、(眉頭は赤く出血してい色があまり入っていないように見える)

2回めの施術で調節していきましょう♡

今回のデザインのポイント

  • 平行眉がお好きな方だったのであまり角度はつけずにデザインした
  • 眉の太さはあまり太すぎず、眉尻を下げずにデザインすることによって少し下と眉頭の上の方を書き足せば太めの平行眉になるようにデザインした
  • 眉尻は長め希望だったため、通常より少し長めにした

 

最後に

 

デザインで左右対象にするのがなかなかうまくいかずに時間がかかってしまいました。

でも塗る麻酔が効いていたおかげで痛みは少なく施術することができてよかったです。

来院時の眉よりタレ眉にならずに他の眉にもデザイン変更しやすい眉にできたのでよかったと思います。

平行眉は人気ですが、すべての人に似合う眉ではありません

この方は

  • 元々の眉の生え方があまり角度が付いていないこと
  • 目は奥二重であり、できるだけ目と眉の距離感を狭くした方が目の印象が強くなること
  • 優しいふんわりとした印象に見える女性のイメージを崩したくなかったこと
  • 小顔であること
  • 前髪は作らないヘアースタイルなので、眉はある程度印象的にはっきりしていた方が良い

この要素が重なり今回この方に合う眉を提案させていただきました

もともと持ち合わせた自分の顔の要素を受け入れ、どこを生かしていくのか。これが大事だと思います。