スズナスLIFE

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スズナスLIFE

美容外科ナースのママブログ

運動会の保護者リレーは無くして欲しくない

こんばんは。スズナスです。

もうすぐ小学校の運動会です!! 子供が張り切ってソーラン節とか、応援の練習を家でしてます。

ドキドキワクワクの運動会。 去年は徒競走苦手って言いながらも 1年生の時より走り方もかっこよくなってスピードも早くなってたなぁ。

あと、ダンスもかわいかったなぁ。

私達親子にとって 運動会と持久走は楽しみな学校行事。

子供の頑張る姿をみると、 ちょっと感動して涙目なわたし。 お弁当の献立を1週間前から考えて気合が入ります。唐揚げとおいなりは入れなきゃ〜〜

しかし!!残念なことに 今年は毎年恒例だった親参加のリレーがなくなりました。

毎年運動会の1カ月前くらいに リレーの参加希望をとる手紙が来るんですが、今年はこなかったんですよね。

親と先生が走る競技だったんですが、 今年は親が参加できるのが綱引きだけになったようです。

今年はリレーがないことを知って息子はしょんぼり。

他のお母さん方にも旦那さん今年はリレーなくて残念ねぇって言われたり。 それだけうちにとっては 楽しみにしている競技の一つでした。

リレーは普段見せないかっこいい所をみせるチャンス

子供のいる親は運動会ってチャンスですよね。運動得意な親は特に。

普段勉強は教えられない、遊んであげられない。

仕事が忙しくてなかなか育児に参加できない親って、子供にアピールすることができる行事の一つだと思うんです。

うちは事情があって 上の子は本当のパパがいません。 小学校入学ギリギリで 現在のパパが突然パパになった状態でした。

そんな中での小学校1年生の運動会 初めてパパとの運動会でした。

わたしも旦那の走る姿は見たことなかったのですが

運動神経がいいので期待していました。

パパは、1番目に走りました。 スタートと同時に猛スピードで200mを走り抜け、バトンを次の方にわたしました。

体育担当の若い先生に抜かされずに 1番で走ってくるパパ。 興奮してしまいました。

子供とは一緒にくらして数カ月だったので、パパの走ってる姿をみて、初めてかっこいい。って思ったそうです。

友達にも走るのパパ早くていいなぁって言われて、ちょっとした有名人。息子にとって自慢できるパパ。

今も息子はパパが大好きだし なんでもパパのやることはかっこいいと思って真似します。運動得意だから一緒に遊んでも楽しいんだって。

わたしはあんまり 運動が得意ではないので旦那がいてよかった。

はじめは子供と旦那がうまくいかなかったらどうしようって心配していたけど うちは大丈夫でした。

旦那が上の子に接する時 誰よりも一番好きと言い続けているからうまくいっているのかも。

運動会でリレーがなくなった理由

去年のリレーは すごい勢いで顔面から転んだ人がいて その方が、怪我のために会社を休んだら会社をクビになったそうです。

40代くらいのおじさんだったんだけど

足がもつれてバトンもらってちょっとしたら 顔面から…その後なんとか走ってバトン次に渡していたけど痛そうだったな。

なくなった理由は けが人が出たのが原因でした。

確かに久々に運動する親が 全速力で走ったらけが人がも出るのかもしれないな。

でも、リレーと綱引きじゃ 全然子供にアピールできる感が違うんだよなぁ。

綱引きならわたしも参加できるけど みんなで頑張る競技だから かっこよさアピールに関しては弱い。

運動を常にしていないパパはリレーに参加しないようにすれば

リレーなくさなくてもいいんじゃないのかなぁ。と思ったり。

希望者が出る競技だから 怪我をするのも自己管理次第。 自分で常に運動していたり、運動前にしっかりストレッチしておけば ひどい怪我にはならないはず。

綱引きよりリレーのほうが見ていて興奮する

リレーって他人が走ってるの見ても楽しい。

わたしは運動苦手だから かっこよく走れないけど 走るの速い人の走りってみていてすごく気持ちがいい。 それに、たとえ走るのが遅くても 頑張って走ってる人って 知らない人でも応援したくなっちゃうし。

それに、だんだん距離を縮めていって 抜かせた時とか

バトン落とすハプニングとか とにかく興奮するし 気づくと大声だして応援してる笑

もうすぐ運動会

今年はかっこいいところみせられないけど、 みせるチャンスがある人は是非チャレンジしてほしい。

くれぐれも、事前に練習してからでて、怪我のないように!!

スズナス家は 今年は子供が張り切ってる ソーラン節や、徒競走見て楽しもうと思います。

そして、とびっきりのお弁当を作って 子供を大声で応援して。

それでも、やっぱりもう一度リレー復活してほしいと思っています。