スズナスLIFE

美容外科ナースのママブログ

【母の日】母に伝えたいこと。感謝の気持ち

明日は母の日ということで、母に感謝の気持ちを伝えたいスズナスです。

こういう、機会がないと感謝ってできないでしょ。

手紙になっちゃったから、 ブログに載せる話じゃないかもしれない。でも今日は言わせて欲しい。

こういう母になりたいっていう理想の母の話です。

あなたの母はどんな人ですか?

厳しく、強い。でも誰よりも子供思いの母

なにか悪いことをすると、 とにかく厳しく叱られ、こわかった。

頭ごなしに怒るんじゃなくて、 理由をちゃんと教えてくれて、 わたしにも言いたいことを言わせてくれた。

今母になって思う。 子どもを叱るって難しい。

今も、間違ったことをすると、 誰も言ってくれない厳しい意見を言われます。

でも、妙に納得できるのね。 芯がしっかり通っているからでしょう。 憧れます。

誰よりも子供思いの母です。 わたしは10代の頃や20代前半はわりとはっちゃけてたと思うけど、 母は見捨てずに常に 正しい方向へ引っ張ってってくれた。

高校をやめたいといった時も 看護師の資格はとらなくていいから、高校だけは卒業しなさいって言ってくれたね。

せっかく就職した病院をやめた時も、 めっちゃ叱ってくれた。 そのあと10年同じ病院で働けたのも あなたのおかげです。

他にもいろいろ。

頑固なわたしとの戦いが大変だったことでしょう。

今では笑い話だね。

たくさん言い合いもしたし、 母を嫌いになった時期もありました。

でも、今は母に言われたこと、1つ1つが正しかったことだと思います。

母に反対されても、納得せずに自分できめて、自分で選んだ人生だから、失敗しても、文句はいわないよ。

言われたことで、たくさん考えることができたし、立ち止まることができたから、自分の行動に納得できてるんだ思います。

でも、たくさん心配かけてごめん。

わたしが大人になっても。

わたしが結婚するときも、 本当にこの人で大丈夫かと、真剣に心配してくれました。

反対おしきって結婚したけど、 押し切ったのに 結婚生活がうまくいかなくなって、 心配かけたな。ごめん。

ついに離婚するといった時、 一人で家のローンも返して、 頑張ると決めたわたしに、

いつまでも、離婚せずにいられる方法はないか、わたしと、子供のことを 心配してくれたのは、 母だけでしたね。

一人で家のローン返すのは、 やっぱり大変だったけど、 看護師の資格に助けられました。

看護師という道をやめずにやってこれたのは、母のおかげです。

子供に手がかかって、仕事を減らしたほうがいいのかと悩んだ時も、 今はまだ、働けるよって 母が手を貸してくれました。

今も、わたしが仕事から帰るのが遅いから、ご飯作ってくれてありがとね。 母がいなかったら、 わたし、今正社員で働いてないかもしれない。

母にはまだまだ追いつけない。

また、縁があって今の旦那さんと結婚できて、平和な日常をおくっているけど、

平凡が一番難しいっていう母の言葉が わかるようになってきました。

平凡なんてつまらないって思っていたけど、維持するのが難しいのね。

30歳にもなって、母はやっぱり、人生の先輩です。

たくさん子育てでも、家庭でも、悩むことがあるけど、 アドバイスありがとう。

母にとって一生、わたしは子供なのかもしれないが、 自分のことを思ってくれている人がいるという存在は、わたしにとって、お守りです。

まだまだいろんなことに挑戦したいわたしだから、これからも苦労かけます。

平凡が一番といえるようには、まだならないみたいですね。

でも、いつかバトンタッチして、母のに恩返しするから。

いつもありがとう!

それだけ。