スズナスLIFE

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スズナスLIFE

美容外科ナースのママブログ

子供に叩かなくてもいい方法、マスオの居心地についても考える

ここ最近スズナス家炎上してる問題。

サザエさんのマスオさんの話じゃないです。 あと、食事を作ってもらってる理由は、 お互い働いてて帰宅時間がお互いおそいので、手伝ってもらっています。

昨日までの経過の記事

www.suzunasu.com

www.suzunasu.com

子供の教育方針。 わたしの親と旦那との関係。

わたしなりに言いたいことを、かんがえてみる。 叩くこと、ゲームの件はやっぱり譲れない。

子供を叩いたところで、恐怖しかうまれない。

軽く叩いても、子供にとっては威嚇でしかない。

なんで悪いかわからないが、怖いから言う通りにしているだけ。

言うことをきかせるのは時間はかからないが、子供が親より力で強くなった時点で負け。

日常茶飯事てやったところで効果はない。

一生心に傷を負う。

なぜ子供といるときにゲームをしてはいけないか

共働きで、1日数時間しか子供との時間はありません。

旦那は夜勤、日勤交互出勤。 わたしは朝9時前に家を出てから19時まで帰ってきません。

これを考えた時、ゲームだけじゃなく、携帯とにらめっこも違うかなって思った。

携帯で買い物。携帯で読書。携帯でyoutubeなど、これは大人の時間でやるべき。

子供の成長はあっという間です。 とくに仕事をしているならなおさら全力で子供とむきあってほしい。

食事は家族が揃ってはなしをしながら楽しく過ごしたい思いがある為。

あいた時間に子供と一緒にゲームなら許せる。

子供はすぐに大きくなる。 子供は大きくなったら友達と遊ぶほうが楽しくなって、親と一緒にいてくれなくなる。そう思えば貴重な数年。

自由時間は大人の時間のみで結構。

うちの母に教育について言われることについて

面倒見てもらっている以上言いたくなるのもわかる。

母もストレスがたまる。

実際に母の援助がなければ、私たち家族は今の暮らしができないので、頼るしかない。

あまりにもうまくいかなければ、わたしが仕事を変えることも考慮。 でも、子供の問題なら、仕方ないが、 この問題なら、仕事は変えたくない。

今回の件から、わたしに必ず通すことにしてもらい、改善しなければ、旦那の親に相談することにする。

わたしの親と旦那の関係をこじらせない予防策を考える。

ご飯の件

わたしの親のご飯が合わないなら、 わたしが作ることも考える。

子供が寝てからの時間に次の日の夜ご飯を作り置き?

作り置き惣菜をストックしておけばできないこともないが、 ごはんの準備や、子供のごはんの介助など、旦那の負担も増えることも確かなので、そこまでしてやりたいか確認が必要。

母の作る料理すべてがダメなわけではなく、旦那が好きなメニューもあり、すべてが口に合わないわけではない。

嫌いなメニューを聞き出し、母に協力してもらうのも、交渉の余地あり。

子供に叩く以外で、怒る方法を考える

まず、わるいことがおきたら、子供にやった理由をきく。 その上で、ダメな理由を伝える それで納得すればおわり。

納得せず、反抗的な態度をとったら、 お互い冷静になる時間を作る。 よく子供に考えさせる。

話し合う。 子供にルールを決めさせる。

根気よくやる。

まとめ

夫婦で子育てについて、真剣に話したことがないことがわるいと思った。 これを機会に、 怒り方、褒めて伸ばす方法など、教育の仕方について、夫婦で学んでいきたい。

わたしの親と旦那は、対立させないよう、配慮が必要。 それは、わたしの間をとりもつ力次第でなんとかなる。

子育てについては、わたしを通してもらう。

話し合えない夫婦なら、やっていけない。

もめながら、いい夫婦になっていくのだと信じたい。

子供の寝室で子供の寝顔を見て、平和な日常に早く戻さなければと思う。