スズナスLIFE

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スズナスLIFE

美容外科ナースのママブログ

家計簿やめたけど、貯金は増えた。

https://www.instagram.com/p/BEDuLsSSWFA/
https://www.instagram.com/p/BEDuLsSSWFA/

家計簿って、続かなくないですか?

いろんな種類買っても自分にあうのがないっていうか、挫折しまくりです。

家計簿アプリから、細かくクレジットカードまで同期できるもの、ノート、レシート貼ってくもの・・・

すべて挫折しました。

自分にあったやり方を見つけるのが一番お金が貯まります。

私も毎月マイナス家計簿でしたが、
かなり、貯金に回せるようになりました。


細かくやりたい人は他のやり方がいいと思いますが、
おおざっぱにやりたいなら、私のやり方
おすすめです。

挫折した理由

厳密にやりすぎてお金があわなくなってやめた

クレジットカードを使うので、
あんまりクレジットカードに対応してる家計簿がなくて、書き方がわからなくなる。

突然の出費が続き、やる気がなくなる

毎月の給料が数万円単位でかわるので、
計画がたてにくい
など。

4枚のクレジットカード併用してるので、
引き落とし日とかぐちゃぐちゃで、つけるのめんどくさくなるんですよね。
あと、つかいすぎちゃったりとか。

家計簿はざっくりでいい

毎月数十円、数百円、あわないのなんてこだわらないです。

それよりも、働いてるので、短時間でできて、めんどくさくない方法がいい。

はじめの計画が大事

大まかな計画をたてて、
年間目標をだす。

まずは、絶対にかかるお金。

老後の資金
子供の養育費

など、必ずかかる大きい額の検討。
また、いつまでにいくら欲しいかを明確にしておく。

それができると、年間にいくらづつ貯めないといけないかわかってきます。

月にいくらあれば生活できるのかを考える

全部生活費をノートに書きます。

食事
日用品
携帯
電気
水道
家のローン
お小遣い
おけいこ
学童の費用
学校の費用
保育園の費用
保険料
美容代
貯金
ペットのえさ、病院、美容院代金
など

その中で月の給料から出すのか、ボーナスで出すのか決める

給料から出せるならすべて給料から出す。できるだけ、給料だけで生活できるのがいい。

うちは、保険料と、
学資、車の車検費用

あと、家計でやりくりできなかった時用の予備費をボーナスから出しています。

私がこれまで家計簿を挫折した理由は、

予備費をとっていなかったせいで、
予定より多く発生してしまった出費が増えて、いやになってしまったことが原因の一つだからです。

予備費は多目がいいです。

締めるだけじゃ人生つまらない。
たまには息抜きも必要よ。

本当に自分が管理しないといけない費用は何か

自動引き落としになってるもので、
毎月額が変わらないものは、

ほったらかしでいい。

数千円の誤差なら、
平均でかんがえて、
放置。
100円とか1000円とか、あんまり気にしない。

でも、5000円は気にします。

電気、水道は、ガソリンは放置してます。

生活っぷりがかわらなければ、平均みとけば大丈夫です。
ガソリンも、普通に生活してる時に使うお金だけみてます。

レジャーでつかったら、それは生活費や、予備費からだしましょう。

うちの場合、本当に管理するのは、
こちらの項目

食費
日用品
レジャー

学用品
医療費
美容代
犬の費用

細かく分類はしない

うちは、先ほどの項目すべてまとめて月に10万っていうのだけきめてます。

この10万ってきめるときに、
だいたいどの項目をいくらでやろうっていう計画はたてますよ。それででてきた10万です。

でも、細かく食費3万で、今月はいくら残ったとかつけてません。

細かくつけるの、計算大変。

目標は、楽につづけて、楽にためる。
なのでね。

月10万だけ管理すればいい

だいぶらくになりましたよね。

でも、わたしは
月初めに10万おろしてきても、計画的に使えないんですよね。

ここで、実際やってるのが
袋分けです。

なんか昔っぽい。ごめん。ローカル人間で笑

でもこれいいです。

クレジットカード使いたがりは袋分けがいいよ

わたしは4枚のクレジットカードを使って日々、

イオンが5パーセントオフだから今日は、イオンのカードね〜。

楽天でお買い物は楽天カードがポイントつくわよね〜。

とかやってるので、カードだらけです。

なので、引き落とし日もバラバラ。使った額がわからない。
カードは引き落としの月に入れるのか、使った日に入れるのか迷う。
管理が難しいっておもってました。

袋分け方なら、それが解決。

実際の方法

用意するもの


1000円に両替したお金
ペン

以上

袋は銀行の袋をもらってくる

1.月を5週間にわける
袋を5個と、クレジットカードの引き落とし口座ごとにわけます。
もう一つ、予備用も1つつくります。

週ごとの袋は日付を書く
引き落とし口座の名前をそれぞれにかく

私は日曜日スタートの土曜日締めです。

月初めと、月末の数日はボーナスデー。
この週は数日少ないけど、お金がいつも通り支給されます。

2.お金を封筒に入れる
おろしたら1000円に両替する。

5週間と予備費にわりふる

3.精算
現金をつかったら、ノータッチでいいです。何もつけない。レシートもすてちゃっていい。

クレジットをつかったらは、引き落とし口座に現金を入れる

1週間くらいためちゃっても私の場合は、休日くらいしかお金使わないので数枚精算するだけです。

途中でお金が足りなくなりそうな人は、つかったら、その日ごと精算すると、お財布にのこった現金が今週使える額なので、管理しやすいです。

本当にたりなくなっちゃったら、袋分けしてある予備費から、だしましょう。


4.月末に、クレジット口座へお金をもどし、翌月分のお金を下ろし、両替する

戻しておけば、クレジットの支払い時にはちゃんとお金が引き落とされます。

それでも足りない費用の管理

結婚式とか、旅行とか、毎月はいかないけど、たまにでる大きい出費は、
年間の予備費からだします。

でも、それ以上は危険。
もう、レジャー費とか、なにかを削るしかないですね。

結婚式がかさなることが予想できるなら、
年間の計画の際にそれも考慮するんですよ。

この家計管理は、
1年続きました。

ぜんぜん残らなかった現金も、
残ることではなく、
貯めることを意識して年間100万以上はためれました。

今年は

もっと貯めれるように、お互い頑張りましょう。