スズナスLIFE

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スズナスLIFE

美容外科ナースのママブログ

マイホームを買って後悔したこと3つ

f:id:suzunasu:20160330011756j:plain

 

あこがれのマイホーム購入後、数年たち

今では少し、以前とちがう考えを持つようになりました。

今では後悔しているところもあります。

 

 

こだわりすぎたシステムキッチンや、トイレ、壁紙など

ハウスメーカーで建てた家だったので、

はじめから用意されているスタンダードな設備は好きではないデザインでした。

 

そのため、納得いくシステムキッチンやトイレなどを自己発注。

壁紙も高いものを使ったり、自分のスキを叶えました。

 

結果とても高額な家が建ちました。

確かに好きな家ですが、今となっては、もう少し価格に重点を置くべきだったかな。

20代前半に建てたので、一生に1回だから妥協はしないとおもっていました。

家を住み替えるっていう感覚はありませんでした。

今思えば家賃は長期固定費となり、負担です。

立地、間取り

建てられる面積的に無理だったのもあるけど、

1階に部屋がキッチンとリビングと洗面しかないので

老後もここで暮らすことを考えたら、厳しいと思いました。

 

2階まで行くの大変だからリビングで寝るのかな・・・

立地も悪くはないけど、スーパーは歩ける範囲にはないし、病院もない。

老後は車運転できなくなったらタクシーかな。

 

新築で建てたこと

家が欲しいと思って真っ先に思い浮かんだのは、新築の家をたてること。

ほかに選択肢はなかったです。

でも、今思えば、建売とか、中古物件とか、マンションとか、アパートとかでもよかったな。

住みかえることができるし、

その時の生活スタイルによって必要な家って変わることがわかったから。

 

 

まとめ

家を購入する際、わたしは、新築でたてることより、

今必要な家を必要な時期に住み替えることをおすすめする。

具体的には、

2人のうちは、アパートかマンション。

子供ができて、持ち家がいいなら、

建売か、中古物件を安く買って、少し手直しして、子供が大きくなるまでしのぐ。

老後の家を50代くらいで建てる。

それか、家は建てずに、

少し高級な老人ホームにいけるように貯金して、老後はそこで夫婦で暮らす。

こんな感じで、住み替えるのがわたしは理想だと思う。

 

 

子供がいる生活と、老後の生活に必要な家は違うから。

すごくこだわった家も、今自分がスキ。必要としているだけで、

数十年後はかわるかもしれない。

 

家は劣化し、補修が必要になる。

そうなったら、持ち家だと整備が必要だが、

アパートやマンションだったらすみかえれる。

安い中古物件なら、売って新たな家を買うことも可能。

 

 

 

 

人生に1度だけ、家を建てることが理想とは思えない