子供を育てるとは『本当の意味での自立』を支援することだ

スポンサーリンク

こんにちは!2人の男の子を育ててるママのスズ(@suzunasu1)です。

子供を育てることって楽しいけど、難しいなって思うこと、迷うことが多いと思います。私も試行錯誤中の一人です。

子供のために親がしてあげられることを探して関わっているはずだけど、子育てをしていく中で子供のことが自分事のようになってしまったり、話し合いを放棄し、言葉の暴力を使って子供を威嚇して自分の言いなりにしようとしてしまう事もありました。

その事が子育ての目標とは程遠い事なのだと子供が10歳になった今やっと気づけました。

自分の人生自分で決めて一人でも大丈夫なように育てるはずが全く反対の事をしていたんだ。

子育てについて考えていた

わたしは子供にも自分の思いを叶えるために生きてほしいと思っています。

自分の思いは一人一人違うから、自分と向き合いながら気づいてこうしたい、こうなりたいという願いを叶えていってほしいです。その時にいろんな人や物事に出会って学ぶ事が一人一人に与えられた課題です。

それには

  • 自分の心と向き合うこと
  • 叶えたいことを自分なら叶えられるっていう自分を信じる力
  • 自分で考えて挑戦していく勇気と行動力

が必要です。
全部自分で決めて選択してるからその結果には全責任を追うという覚悟も必要。自由に自分の思いを叶える事の裏にはその結果に責任を取らなくてはいけない。
それができる人が本当の意味での自立できている人だと思います。

親のわたしは子供を自立がうまくいくように支援していく存在でありたい。

自立していくことができる支援の仕方

ありのままの自分を愛せるような子育て

f:id:suzunasu:20180314001446j:plain

子供はありのままの自分を受け入れることができているだろうか?自分の事が好きですか?という質問に即答で大好きと答えられているだろうか?

これが好きじゃないと、せっかく自分の思いに気づけたとしても挑戦していく事ができないし、周りにいる相手に対しても否定するような大人になってしまう。子供との関わりの中で大事にしていきたいのは、ありのままの自分を受け入れて愛する事ができるように関わっていく事です。

例えば、子供がテストで100点取ってきても、それについて『100点取ってきてえらい』と特別な事を褒める事ではなく、常日頃一緒にすごす中で、子供に対して気づきや、存在の価値を伝えていくことであなたはそのままで素晴らしい人間だと伝えられるのではないだろうか?

一緒にすごす中で、あなたってこういうところが器用だよね。字が丁寧でいいね。笑顔が素敵だね。など、という伝え方をしたり、子供と意見が違っても、否定せずに最後まで子供の話を聞いてそう思うんだね。と認める事で今までよりも新しいものに挑戦してみようと思ったり、やる気を感じられるようになりました。

子供にパンフレットを見ながら『ホームステイ行ってみたいと思う?』と聞いたら

今までは絶対行きたくない。英語とか話せない。一人じゃ怖い。という答えが返ってきていましたが、外国って日本とどう違うの?とか、ママは面白いと思う?とか聞いてくるんです。結局本人が行きたいというので申し込みする事にしました。

特別な事をしないと褒められないのではなく、ありのままの自分でも愛される事、自分は価値のある人間だと思える事で自分の思いを叶えるために挑戦していく事が可能になっていくと思います。

自分で考えて選択していくことができるように支援する

わたしはこれがとても苦手だったことに今更気づきました。全部自分で選択してますが、深く考えることがとっても苦手です。それは考えることをサボってきたからです。

残念な事に選択をする時の考え方を学んでこなかったのもあります。この方がいいとその人のフィルターを通して教えられたり、情報だけをたくさんもらったりはしても、その情報をどうやって自分で考えていくのかがわからなかった。だからあまり考えずにはじめに行動してしまっていたと思う。

子供には自分で考える力をつけてほしいです。どんな選択でもいいと言えるわたしの覚悟、器の広さも必要でしょう。

自立していく支援をする覚悟を決めたら

  • 子供の事を子供以上に信じる事
  • 子供が安心できるような環境を作っていつでもあなたのみかただと行動で伝える事
  • 子供に自分の思いを自分で叶えていいと伝え、子供の日々の生活は自分で決めさせる

のが重要だと思う。

その時に親が出来る事は、その選択をする時に必要な考え方を教える事なんだ。考える時には必要な知識や、わたしが経験して伝えられる事を提示し、子供にあとは任せる事。

失敗してもそこから学ぶ事はあるし、また挑戦すればいいのだから。

また、選択するときの知識や、ヘルプ要請がきた時の支援の仕方が大事だと思います。

わたしだけじゃ頼りない部分は、視野を広げるために本を読む、信頼できる先生や、周りの人の手助けも必要ですね。

子供とのコミュニケーションは時間がかかる

f:id:suzunasu:20180314002457j:plain
子供とうまくいかないなー。下手だなーって思う事の一つに喧嘩になった時の対処の仕方がある。

大事なのは暴力をふるって威嚇する事でも、机を叩く事でも、相手を睨む事でもない。話し合いをする事だ。

話し合いをするには、自分の意見を100パーセント通す事か諦めて全く通さないという結果を目指すものではない。

無理に合意したものには不満が残る。

相手に自分の意見を伝え、それがなぜそう思うのか必要なら資料も集めたりして挑む必要がある。とにかくこれには根気と時間がかかる。決して論破するものでもない。

そして、2人に一番いい方法を探すと言う気持ちがある事が大切だと思う。話し合ったことで一人で考えていたよりも全然違う良い答えがでることもあるんだ。

これは夫婦でも友達でも親でも相手が誰でも必要なコミュニケーションスキルで、下手な人が多い。私もその一人だから、子供を通して学ばさせてもらう。

子供の一番のパートナーになろう

f:id:suzunasu:20180314002523j:plain

自分の課題は自分で取り組んでもらい、たくさん自分で挑戦し、学んでもらいたい。

無条件で子供を信じてあげることってなかなかむずかしいなと思いながら、子供とむきあってます。

わたしがいてもいなくても自分自身と向き合い選択し行動していける。自分の人生に責任をとりながら生きていける人になってほしいなって。

男の子だから特にそう思う。自分で開拓していける力を身につけてほしいから、できるかぎり支援していきたい。

親が子供の未来を想像するよりはるかに可能性があるから、親の判断で決めて親の想像内でしか判断できないようにしてしまうより、もともと備わってるものを伸ばしてあげられるような子育てができたら、自分らしく素敵な人生を子供は歩んでいけるよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク